ほっと一杯

仕事後の一杯が美味しいとほっとします。

僕は今のこの店舗で10年以上前から整体のお仕事をやっていて、コーヒー豆の販売を始めたのは去年のことなんです。整体は施術をすればお客さんの反応がすぐ分かります。調子が良くなれば明るい表情、あまり変わらなければ微妙。どんな場合でもすぐにフォローができるので大変だけど分かりやすいです。

それに引き換えコーヒー豆の販売はすぐに反応が分かりません。しかも淹れ方や飲み方、保存方法でけっこう味や香りが変わってしまいます。みなさん美味しく飲んでいただけているのだろうか?僕が飲んでる味を再現させようとレクチャーするのも自分がお客だったら心地よくない気もするし、なんか慎重に作っていたものを急に後は僕のせいじゃないですよって押し付けちゃう感じがするんです。

でもこの未完成の状態から自由にあーだこーだいいながらコーヒーを抽出して、好みの味や香りを探していける幅の広さがコーヒーの醍醐味であり人気の理由なんでしょうね。

できる限りのことはしっかりやって送り出すだけ。あとは「どんな状況でも美味しいコーヒーになってください」。

といっても何とも言えない不安がやってくる中、仕事後の一杯が美味しいと、当たり前だと納得するより今日もなかなか美味しいじゃないとほっとしてしまいます。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!

コメント

コメントする

目次
閉じる